教  育
              

             モンテッソーリ教育とは


 モンテッソーリ教育とは20世紀初めにイタリアの医学博士マリア・モンテッソーリ(1870〜

 1952)が子供を観察しながら子どもがどんな感じ方をし、動きをするか、子どもの内面にある

 発達の自然の法則を科学的に研究して編み出された教育方法です。

 彼女はどの子にも自然に備わっている、周りの環境に対応したいという欲求や知的好奇心を尊重し、

 それを育むために子供に必要な「自由な環境」を提供することが大切であると提唱しました。

 1907年、イタリアのスラムに初めて設立された「子供の家」とその理念は、瞬く間に欧米を

 中心に世界各国に広がり、誕生から100年を超えた今でも世界中の親と教育者、そして子供たちに

 支持されています。


                    モンテッソーリ教育の重要性

 子どもは、生まれたばかりの頃から、環境を無意識のうちに取り入れる特別な力が備わっています。

 子どものまわりの印象の数々は単に子どもの心に入るだけでなく、形をなし、子どもの内部で具体化

 されます。

 このように、無意識な活動は精神を徐々に整えていきます。そして、やがては意識的な活動へと変わ

 ってくるのです。

 子どもは、このように少しずつ自分の精神をつくりあげていき、ついには記憶を蓄え、物事を理解す

 る力や論理的に考える能力を持つようになります。後の発達や活動に必要な、無意識的な準備は子ど

 もが3歳になるまでに確立されます。

 このように、自分を創っていかなければならない子どもたちは”敏感期”と”吸収する精神”という

 特殊な精神に助けられるようになっています。それらの助けを充分に活用するには、子どもが自分で

 自分を伸ばしていくのに役立つような環境を用意する必要があります。


            ひとりでできるように手伝ってね

 子供たちの中には自らを成長させるプログラムと力が備わっています。

 そのことより、大人がすべきことは、子供の発達段階や興味に応じて環境を整えることです。

 幼児期にどんな人や世界に出会い、どのように生きたかが人間の土台となります。

 その、良き手助けとなるよう努めます。

         
無意識的な”動き”を意識的に繰り返し行う教育方法

  
”動き”の教育としての日常生活練習

 日常生活練習とは、子どもが朝起きて夜寝るまでの生活が スムーズに自分でできる。

 自立するための練習です。

 子どもの日常生活を部分的に抽出して、教材化されたものを日常生活練習教材と呼びます。

 これらを使って、子どもたちは動きながら学び、”運動”が 繰り返し行われているのです。

 ここでの”運動”とは、意志と知恵と筋肉の連合作用です。すなわち、動きの教育です。


                             
日常生活練習へ
   
                                  
                                    マリア・モンテッソーリ女史
問い合わせ先へ